バラエティ

M1グランプリ/2019/見逃し配信/動画/ミルクボーイ/12月23日今田耕司が宮迫博之発言/無料

M1グランプリ2019見逃し配信動画/ミルクボーイ12月23日今田耕司が宮迫博之発言/無料

 

2019年12月22日18時34分からテレビ朝日で『M-1グランプリ2019 【漫才師5040組の頂点が決まる!松本・上沼は誰を評価?】』が放送され、ミルクボーイさん優勝しました
個人的には、松本人志さんが推したかまちたちさんもよかったです

今田耕司さんが宮迫博之さんに言及されているシーンもよかったと思います。

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックするとフル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

M-1グランプリ2019動画/ミルクボーイ
 

M-1グランプリ2019動画/ミルクボーイ /番組内容

 

敗者復活枠
決勝当日の午後1時55分から、準決勝で敗退した16組が最後の1枠を懸け「敗者復活戦」に挑む!ネタを見た視聴者が投票し、最多票の1組だけが復活!!

大会ルール
ファーストラウンドは審査員が100点満点で採点し、合計得点上位3組が「最終決戦」に進出!再びネタを披露し、審査員は最も面白かった組に1票を投じる。最多票を取った組が、栄えある“第15代王者”となる!!

出番順
ファーストラウンドの出番順は、今年も「笑神籤(えみくじ)」で決められる。1組終わったところで、その都度次の組が抽選で決められるというシステムで、展開は予測不能。さらに今年、笑神籤を引くのは、日本列島を沸かせたあのアスリートたち!

 

M-1グランプリ2019 出演者

 

◇MC
今田耕司、上戸彩

◇出演者I
審査員
オール巨人、上沼恵美子、サンドウィッチマン・富澤たけし、立川志らく、ナイツ・塙宣之、中川家・礼二、松本人志 ※50音順

◇出演者II
出場者
インディアンス、オズワルド、かまいたち、からし蓮根、すゑひろがりず、ニューヨーク、ぺこぱ、見取り図、ミルクボーイ、敗者復活1組 ※50音順

 

夢のある舞台

 
 

優勝しなくても、この舞台にたてるだけで無名のコンビも知名度がグンとあがるのがやはりMー1グランプリのすごさ。

だけどこの舞台に立てただけで満足する人はまずいないですよね。

もうここまで来たら優勝したいという気持ちや緊張まで伝わってくるかのよう。

だけど優勝は逃したけど、Mー1でその面白さが世間の注目を集めることになって、仕事が激増したという経験を持つ、無名だった芸人さんがこれまでにも沢山いますね。

大ブレイクを果たして人気芸人の仲間入りをした方々。

今回も知名度の高くないコンビもいますが、彼らの生活や仕事がガラッと変わることも充分あり得ますよね。

 

敗者復活戦も

 

敗者復活戦の枠には誰が勝ちあがってくるのか、それもM1における注目点ですよね。

準決勝までは勝ち進んだけど、そこで決勝には行けなかったコンビ。

そこから一組だけ、敗者復活戦で決勝進出をかけての勝負が繰り広げられるんですよね。

これまで敗者復活戦から決勝に上がってきたコンビが大きな爪痕を残すことは多くありましたよね。

実際に敗者復活戦から決勝に来たコンビはものすごく笑えたことが多かったです。

敗者復活戦から決勝に勝ち上がって、優勝した経験を持つコンビもいましたからね。

敗者復活戦もテレビで、しかも生放送があるのでこちらも観ておくと、さらにMー1を楽しめますよね。

2つのネタ

生放送というのも緊張感がありますよね。

生放送だから観ている人も誰も結果は分かりませんし。

予想を楽しめるのも醍醐味。

予想の企画などもありますもんね。

そしてどのコンビもネタを2つ用意しておかないといけないのもポイントなんですよね。

まずは全員ネタを披露して、その順位で上位の3組だけが最後の戦いに進めるというシステム。

最初のネタが良すぎると、最後の戦いにぶつけるネタが弱くなってしまうことにもなりかねませんよんね。

優勝を目指すには最強のネタをとっておかないと。

けれど本来そうしたいところだけど、まずは上位3組にならないといけないから極上のネタを最初に持ってくるべきとも思ってしまいますよね。

勝ち進めなければ、2つ目のネタを披露することなく敗退していくことになるわけですし。

このさじ加減なんかも悩みどころでしょうね。

まずMー1という大勝負で戦うネタ選びからまず迷わないはずはありませんよね。

このコンビの2つ目のネタを見たかった!と思うこともありますが、それぞれのコンビがどんなネタで勝負に出るのか楽しみにしています。 
冬の風物詩のひとつとなった「M1グランプリ2019」が開催されます。5040組から勝ち上がってきたわけですからいずれも実力派揃いということですね。
そのなかでも注目しているのはよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の「インディアンス」です。

胸のひまわりがトレードマークの元気なコンビは最近テレビでもよく見るようになりました。自称「よしもとで一番元気な若手芸人」だそうです。

大きな声でハイテンションなボケ担当が田渕章裕さん、少し天然系なツッコミ担当が木村亮介さん。安定感のあるネタは老若男女問わず受け入れられると思います。

田渕さんと木村さんはNSC大阪校の31期生です。

最初は2人とも別のコンビを組んでいましたが同じ時期に解散をしました。相方をさがしていた木村さんが田渕さんに声をかけ「インディアンス」が結成されます。実は田渕さんには木村さん以外にも3人から相方オファーがあったそうで、それほど田渕さんは面白かったのだと思います。

そうして結成されたインディアンスですが1年で解散してしまいます。

その後、田渕さんは「ミキ」の昴生さん(お兄さんの方)とコンビを組みますが、2人ともしゃべりすぎなため上手くいかず4か月で解散することになりました。

これはこれで面白そうなので見てみたかった気もします。

フリーになった田渕さんへ木村さんが猛アタックし続けてインディアンスは再結成されました。
それからは少しずつ実力と知名度を上げM1ファイナリストにエントリーされるまでになりました。

M1王者を目指して頑張ってほしいと思います。
  今年もM-1グランプリの季節がやってきました!やはり、漫才の頂上決戦、お笑いの最高峰と言えばM-1の印象が強く、決勝にコマを進めることのできる芸人はほんのわずか。その中で私が今年もっとも注目しているグループはズバリ“ぺこぱ”です。

M-1=吉本勢の猛威が当たり前になりつつあり、偏りが感じられるのは自分だけではないでしょう。そこにきてサンミュージック所属のぺこぱに注目が集まるのは当然のことでしょう。過去に決勝戦に登りつめたグループの中でも際立った個性を放っていた実力を見せつけた“メイプル超合金”や審査員に「M-1ってこんなでしたっけ?」とまで言わしめた個性のかたまり“馬鹿よ、貴方は”も同じくサンミュージックの所属です。ぺこぱの魅力は自由度の高さとルーティンに陥らない斬新な展開です。

ツッコミのシュウペイさんの温和そうな人柄とまたく正反対のキャラクターで自由すぎるスタイルを保ち続けるボケ担当の松陰寺太勇さんの組合せは見た目のギャップ以上の化学反応を引き起こします。

特に目を引いたのが松陰寺さんの見た目です。

V系メイクに着流し。そして、ローラーシューズでステージを滑走し、フレームアウトしまくる登場の仕方は自由すぎて面白いです。

そのインパクトもありながら「そうとも言いきれない!」などのツッコミ返しでネタの進行を混ぜ返すめんどくささがクセになること間違いなしです。今回、ダークホース的な存在になって話題をさらってほしいとこころから思えるグループです。
M-1グランプリ2019動画/ミルクボーイ12月23日今田耕司が宮迫博之発言/無料 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)で見ることができないときは

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

M-1グランプリ2019動画/ミルクボーイ12月23日今田耕司が宮迫博之発言/無料